脂肪燃焼 メカニズム

脂肪燃焼の事!

今回は、脂肪燃焼の仕組みについて紹介しましょう。参考にしてみてください。

 

メカニズムを知ることで、どのような運動が効果的なのかを知ることが出来ます。
また、日常生活では、脂肪燃焼を意識した生活をすることも出来ますね。

 

脂肪は、体のエネルギーの源になります。

 

脂肪がなければ運動することは出来ません。(汗)

 

脂肪が燃焼することでエネルギーとなっています。
まず、運動をすると体温が上がって、それにより血糖値が下がります。

 

下がり始めた血糖値を安定させようとすれば、グルカゴンが血液中に分泌されます。
それにより、脂肪分解酵素リバーゼが働くのです。

 

そして、体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。

 

分解された脂肪酸は、血液中に入りますが、この脂肪酸を「遊離脂肪酸」と言います。
「遊離脂肪酸」が血液により筋肉に運ばれます。

 

そして、エネルギーとして消費されるようになります。(笑顔)
これが脂肪燃焼の仕組みといったところですね。(笑顔)

 

言い換えると、つまり、運動することで脂肪を燃焼させることが出来ます。
※遊離脂肪酸は、通常でも存在しています。

 

有酸素運動を20分以上しなければ効果がないと言います。

 

それは、遊離脂肪酸が消費されて体脂肪が分解され始めるまでにそのくらいの時間が掛かるからです。
20分で運動を止めると、脂肪の分解が始まらないと言います。知ってまうか!”?

 

また、有酸素運動で大事なことは、適度な運動量であることですね。

 

軽い運動ではエネルギーの消費が少ないので、脂肪の分解が進みません。(汗)
体力のある人は、それなりの負荷をかけてみましょう。それが必要ですね。