脂肪燃焼 心拍数

脂肪燃焼と心拍数の関係について

有酸素運動をする時に気を付けたいことがあります。
それは「運動の負荷」ですね。

 

あまり軽い負荷では効果が上がりません。しかし、重すぎると逆に長続きしません。(汗)
それではどのくらいが適切なのでしょう!?

 

適切な負荷は、トレーニングをする上でとても大事な事と言えます。
それで脂肪燃焼の効果が変わってくるからですね。

 

脂肪燃焼を促進するのに有酸素運動をしますが、その最適値を知っておくことがポイントになりますね。
負荷の量を見るには心拍数を目安にします。そうすることが多いようですね。
※この心拍数には個人差があります。

 

■年齢や運動の経験によって変わってきます。
■体力の付き方によって変わってくるのです。

 

このようにいつも同じと限りません。
また体調がすぐれなければきつく感じてしまうこと時もあります。

 

ですから、実際のところ心拍数をいくらにすればいいのかと言うことは分かりません。
それより自分がどう感じているのかが大切です。それを目安にした方が良いですね。(笑顔)

 

言い換えると、つまり、きつく感じているのか、余裕なのかと言うことですね。
そんなことで、有酸素運動で脂肪燃焼を促進しようと考える時、少しきつく感じるくらいが良いですね。
まずきつすぎると運動が続けられませんよね。

 

逆にこんどは軽すぎると脂肪燃焼までいきませんよね。
ですから、自分の体力を考えてみることからですね。
例えばジョギングやウォーキングでも良いです。

 

30分以上を続けられる負荷でなければいけません。

 

また、そのくらい運動をすると体がほてってきます。そして、汗をかいてきます。
このように自分の適切な負荷を知ることから始めると良いですね。

 

ジムならトレーナーに相談してみましょう。

 

※(注意):トレーナーの中にも適切な負荷の事を間違って理解していることがあります。